ラブグラを紹介する女性

男性向けED治療薬「バイアグラ」は認知度が比較的あります。それとは対照的に「女性向けバイアグラ」はまだまだ認知されていません。これを気に女性向けバイアグラ「ラブグラ」を知ってみませんか

あのバイアグラと同じ主成分が含まれているラブグラ

ラブグラは女性用のバイアグラで、不感症やHDSS(性的欲求低下障害)改善薬として使われています。
有効成分はバイアグラと同じ「シルデナフィル」で、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを抑える働きがあります。
PDE5の働きが阻害されると、血管拡張物質のcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が破壊されなくなるため、血管が拡張し続けます。
これによって男性ではペニスへの血流が増えて勃起し、その状態を維持しやすくなります。
女性の場合はクリトリスや女性器周辺の血流が増えることで感度が高くなって、感じやすくなります。濡れやすくなる、オーガズムに達するまでの時間が短くなる、などの効果が期待できます。
男性でも女性でも血流を良くすることで、性器の感度を上げるということです。
ラブグラは100mg錠がありますが、日本人は体格が小さいので半分の50mgでも十分な効果があります。効き目が強すぎると感じた場合には、ピルカッターなどで分割して飲むようにしましょう。
効き目が強いということは副作用も強いということなので、ほてり、頭痛、などの副作用が強くあらわれてしまう可能性があるので、服用量を調整しましょう。
「シルデナフィル」は、狭心症や心筋梗塞の治療薬である硝酸剤とは併用禁忌になっています。硝酸剤もラブグラもどちらも血管を拡張させて血圧を下げる働きがあるので、併用してしまうと急激に血圧が低下してショック状態を引き起こす危険性があります。硝酸剤は飲み薬のほかに、塗り薬、吸引薬、スプレー剤、などの種類があるので、併用してしまわないように注意しましょう。
また、カフェインは薬の血中濃度を上昇させてしまうので、一緒に飲むのは控えた方が良いです。

▼自分はラブグラを使い、パートナーにはシアリスをお勧めいたします
シアリスは効き目が長い
▼ラブグラで相手の感度を上げたら次はタダリスで勃起力を高めましょう
タダリス