ラブグラを紹介する女性

男性向けED治療薬「バイアグラ」は認知度が比較的あります。それとは対照的に「女性向けバイアグラ」はまだまだ認知されていません。これを気に女性向けバイアグラ「ラブグラ」を知ってみませんか

バイアグラの勃起維持効果と処方価格、ラブグラと比較

バイアグラは男性のED(勃起障害)治療に使われる薬で、病院での処方価格は25mg錠が1,300円、50mg錠が1,500円となっています。ED治療には保険が適用されないので、全額自己負担で処方してもらう必要があります。
勃起を助けて、維持させる効果が高い薬で、ED治療といえばまずバイアグラと言われるくらいです。
これに対して、女性版のバイアグラというのがあります。ラブグラという薬で、日本では未承認なのでネット通販で購入するしかありません。
つまり海外の薬販売業者から個人輸入するという方法で、ネット通販では100mg錠が約280円程度の値段で販売されています。
バイアグラのジェネリック医薬品なので安いですし、国内処方のバイアグラが50mgまでなのに対して、個人輸入で入手できるラブグラは100mg錠なので、これを分割して飲めばさらに経済的に利用することができます。
100mg錠で販売されているのは、体格の大きな海外の人向けです。アジア人など日本人女性は体格が小さいので、分割して50mg錠にして飲むか、もしくはさらにその半分の25mg錠として飲んだほうが良いでしょう。
体格は個人差があるので一概に言えませんが、体が小さめの人は分割して飲まないと副作用が強く出てしまう可能性があるので注意が必要です。
女性には男性のようなペニスはありませんが、代わりにクリトリスがあります。この部位の血流がラブグラを飲んで良くなると、男性のペニスが勃起したときのようになります。
女性では明らかに勃起を維持するような状態は見られませんが、感度が高くなって濡れやすくなります。
膣周辺が潤うことで、性交痛を和らげる効果もあります。