ラブグラを紹介する女性

男性向けED治療薬「バイアグラ」は認知度が比較的あります。それとは対照的に「女性向けバイアグラ」はまだまだ認知されていません。これを気に女性向けバイアグラ「ラブグラ」を知ってみませんか

勃起不全の治療薬と似た作用のラブグラと併用禁忌の薬

ラブグラは、女性用に開発されたバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラは言わずと知れた男性の勃起不全治療薬で、アメリカで1998年に販売開始されました。
もともとは狭心症の薬として開発されましたが、勃起不全を解消する効果も見つかったことから、勃起不全の治療薬としても使われるようになりました。
ラブグラも同様の効果があり、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)酵素の働きを阻害することで、cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という血管拡張物質が壊されないようにする作用があります。
すると血液循環が良くなってクリトリスや女性器周辺の血液量が増加して、感じやすくなります。これにより不感症やHDSS(性的欲求低下障害)といった症状を改善させます。
副作用として報告されているのは頭痛、ほてり、めまい、鼻づまり、などですが、これは薬による効果の一部なので症状が悪化しなければそれほど問題ありません。頭痛がひどい場合には市販の頭痛薬を使用しても良いとされています。
ただし、併用禁忌になっている薬と使った場合には、命に危険が及ぶことがあります。
代表的なのは、狭心症や心筋梗塞の治療薬として使われている硝酸剤との併用です。ラブグラも硝酸剤もどちらも血管を拡張させて血圧を下げる効果があるため、同時に使ってしまうと血圧が下がりすぎてしまうことがあります。血圧が急降下するとショック状態に陥って心肺停止に至ることもあるので、絶対に一緒に使うのはやめましょう。
ラブグラをネット通販で買うのは違法ではありませんが、医師の診断を受けて薬を処方されたわけではない場合には、自分が飲んで良い薬かどうかわからないことがあるので、気をつけましょう。